開発に5年の歳月を費やし・・・

ラジオ体操の第3が完成したらしい・・・・・・・・・・

現行の第1は家庭用、第2は職場用、対象年齢の上限もそれぞれ50~60歳と想定していたため現在の70代、80代には難しい動作が少なくないといわれていた。そこで郵政省は予算に5000万円を計上、高齢者にも無理なくラジオ体操を行えるようにとのこと。


第1、第2だけでも長いのに第3なんかやってられっか。世の小学生はそう思ってるに違いない。

夏休みにラジオ体操に行ってハンコをもらう。
今までは第1、第2をやればハンコがもらえたのに
これからは第3までしなくちゃもらえない。
割に合わねぇ。

じゃあ、第2まで体操したらハンコ一個で
第3まで体操したらもう一個おまけしてくれるとか。
そんなクーポンみたいな制度ならどうか。
それでも私は第2までしかしないけど。

ラジオ体操第3は5年もかけて作られたそうだ。
開発に5年。
なんだか次世代ゲーム機みたいな響きだ。


でも、この体操を考えた人は
5年間もラジオ体操の事ばかり考えていたのか。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • ブータリアン

    第3に5年も費やすなんて、ある意味漢だ(感涙。。。

    さぁ~「みんなの体操」やろうw
    2007年07月15日 00:23

この記事へのトラックバック